【ぶれい考】公契約条例/古賀 伸明

2014.03.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 公契約は、国や地方自治体が民間企業などに工事や施設管理などを発注・委託する際に結ぶ契約のことをいう。近年は規制緩和が進み、建設業だけでなく、保育園や図書館などの公共施設管理、学校給食やゴミ収集作業など、あらゆる部門にわたって民間への委託が増えている。この公契約の発注にあたっては、談合を防止するため、競争入札で契約を結ぶ相手を決めるのが一般的となっている。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月17日第2961号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ