【ぶれい考】副業で働き方にメリハリ/倉橋 美佳

2019.09.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2019年4月に施行された「働き方改革関連法」により、企業での働き方にも大きな変化が起こり、それが定着しつつある。長年の課題であった長時間労働は、大きな変革が起こり、残業が大幅に減った企業が多いのではないか。当社でも数年前から長時間労働是正を進めており、会議体の見直し・多様な雇用環境の整備・分業化など効率的な働き方を推進し労働生産性の向上に取り組んでいる。

 今まで残業が当たり前だった環境から定時帰宅が当たり前の社会になりつつあるといえる。そんな中、関心を集めているのは副業・兼業だ。…

筆者:㈱ペンシル 代表取締役社長 倉橋 美佳

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和元年9月23日第3226号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ