【ぶれい考】女性活躍が当然の時代へ/諏訪 貴子

2013.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 わが社は東京下町の精密金属加工メーカーである。本コラムの初回に当たり、社長就任時のいきさつをお話ししたい。

 後継者となるはずであった兄は6歳で他界しており、2代目となるべく育てられた私は、成蹊大学工学部を卒業後、自動車部品メーカーに就職しエンジニアとして修行した。結婚後、紆余曲折があって一旦専業主婦に転じた。2004年、父が急逝し、32歳という若さに加え、女性(娘)で子育て中の私に、社員達から、白羽の矢が立てられたのであった。…

筆者:ダイヤ精機㈱ 代表取締役 諏訪 貴子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月28日第2906号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ