【ぶれい考】キャリア・チェンジ/諏訪 康雄

2018.02.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 1980年代半ば、「雇用政策と法」の世界に足を踏み入れた。それまで10年以上、労使関係法とりわけ労働協約法を研究テーマとしていたので、ちょっとしたキャリア・チェンジだった。

 自分から進んでそうしたわけではない。この分野は大多数の労働法学者が敬遠し手薄だったため、研究分担のすみ分けから、白羽の矢を立てられたのだった。

 労働法の境界内といっても、労働市場と雇用政策の法律論は、ずいぶん勝手が違っていた。…

筆者:法政大学 名誉教授 諏訪 康雄

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年2月5日第3147号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ