【国土を脅かす地震と噴火】52 北伊豆地震(下) 新幹線のルートにも影響/伊藤 和明

2019.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 北伊豆地震を起こしたのは、伊豆半島の北部を南北に走る丹那断層帯の活動であった。丹那断層と、それに付随する複数の活断層が動き、地表に地震断層が出現した。

 活動した断層の総延長は約35キロである。南北に伸長する丹那断層を挟んで、相対的に東側が北へ、西側が南へ動く“左横ずれ”の断層運動であり、水平変位は丹那盆地で最大約3.5メートルに達した。

 地震断層の痕跡は、…

筆者:NPO法人 防災情報機構 会長 元・NHK解説委員 伊藤 和明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月18日第3201号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ