【成功する!新卒採用の秘訣】第6回 採用広報専用ページ① スケジュール記載を 面接回数や学力試験有無など/本多 夏帆

2016.02.15 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

既存ページ追加も可

 今や、新卒採用に欠かせないのが採用広報専用のホームページだ。就活生は、ほとんどの情報をまずインターネットで得る。ネットでできる限り情報を入手し、それから説明会やOB訪問、キャリアセンターなどに足を運んでさらなるものを得ていくのだ。入口となるホームページの作成は必須といえ、志望者を増やすための工夫されたコンテンツが必要である。まるごと採用情報だけのサイトを作っても、既存サイトにページを追加しても良い。自社のPRポイントなども一緒にまとめていけるため、新卒採用戦略を考える際、ぜひ同時進行で作成に入ることをおすすめしたい。

 では、採用戦略を加味しつつページに掲載する内容と工夫を考えていこう。第一に、必ずや掲載されるだろう募集要項のページである。基本的な内容は求人票と同様のものをイメージすれば良いが、新卒用の内容にぜひ盛り込んでほしいのは「採用スケジュール」である。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年2月15日第3053号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ