【成功する!新卒採用の秘訣】第13回 選考⑤ 就活生と共に考える 勤務地、休日へ考え及ばず/本多 夏帆

2016.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「ミスマッチ」の原因に

 私は普段、企業への採用アドバイザー業務をする傍ら、就活生に向けたセミナーを各種行っている。その経験上、彼らは働くことと、実際の生活が頭の中で結び付いていないと感じることが多い。会社(仕事)を選ぶ上で、やりたいことが先行し、具体的な生活の中で、会社を選ぶという観点が抜けてしまうのである。

 当然ながら就活生の彼らにとって働くということは未知のものであり、想像するしかない。働くことが、人生の様ざまなことに影響を及ぼすということを、あまり意識していない。これが入社後のミスマッチにつながる大きな原因だと思う。

 たとえば勤務地。就活生は転勤の有無には敏感だが、どこで働くのかという具体的な場所を想像しながら会社選びをしない。

 中小企業の場合は本社地一択など、あらかじめどこに通うのかが就活中に分かっているケースが多い。元々一人暮らしであればまだ調整のしようがある。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年4月11日第3060号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ