【成功する!新卒採用の秘訣】第26回 サザエさん症候群 人生設計行う必要も 辛抱強くアプローチ試みて/本多 夏帆

2016.07.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

憂鬱さ覚える日曜夜

 サザエさん症候群――毎週、日曜日になると、よくツイッターなどのSNSに現れるのがこの言葉である。毎週日曜夜に放送されるアニメ『サザエさん』が始まると、迫る月曜日からの仕事の日々を憂鬱だと思ってしまうことだ。若者だけとも限らないが、こうした現象は働き始めの新入社員に見受けられる。

 そもそも、これは「働くのが嫌だ」と思っていることの1つの表れだろう。なぜ働くのが嫌なのか、社会人としての生活を何年も過ごした人には分からないかもしれない。その時、彼らが嫌だと感じるのは、日々の業務から来る様ざまなストレスによる。仕事を前向きに取り組むことができない理由は、「先を見ずに今をただ過ごしている」からではないだろうか。

 仕事を始めたばかりでは、大変なことも分からないことも多い。その間のストレスは相当な量となるのが当たり前である。誰もが通る道だ。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年7月18日第3073号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ