【成功する!新卒採用の秘訣】第2回 定着へ2つの対策 “将来”を想像させよ 求められるキャリアプラン/本多 夏帆

2016.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「質問スキル」課題に

 いよいよ春の新入社員を迎えるにあたり、どのような準備をされているだろうか。厚生労働省によれば、平成24年3月に大学を卒業した新規学卒者(新卒)の離職率は1年目で13.1%、2年目で10.3%、3年目で8.9%となっている(平成27年10月時点)。合わせて32.3%と「3年で3割」論に当てはまるものの、1年目での離職が最も多い点も見逃せないところだ。採用にいくらコストをかけても、定着しなければ元も子もない。そこで今回は新卒社員の定着に向け、どのような問題と対策があるか考えていきたいと思う。

 まず1つは、「コミュニケーション難」による問題だ。入社3カ月ほどで突然出社しなくなってしまった新卒社員に話を聞くと、「分からないことを質問できず、行くことが辛くなった」という。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月18日第3049号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ