【成功する!新卒採用の秘訣】 第8回 会社説明会 有効策は利用例紹介 福利厚生情報求める学生へ/本多 夏帆

2016.03.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

育休制度など伝える

 前回までは「採用サイトに掲載する情報」というテーマで、就活生に伝えるべき内容や工夫を考えてきた。入口となるサイトの次に「伝える」チャンスとなるのが、会社説明会である。

 ここでは、より深い情報が必要となるだけでなく、限られた時間内で就活生が求めている情報を的確に伝えることが重要になる。説明会での満足度がその後の志望度にも大きく影響するため、これまでサイトについて述べたもの(会社情報・採用スケジュール・業務内容・キャリアプランなど)に加えて、伝えたいことについて紹介していきたい(説明会開催時のポイントに関しては第5回を参照していただきたい)。

 まず、就活生が気にしているのは、ズバリ「福利厚生」である。こう書くと「はじめからそんなことを気にするなんて働く気はあるのか…」などと思ってしまうかもしれない。しかし、実際のところはどうなのか、非常に気にする学生は多い。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月7日第3055号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ