【成功する!新卒採用の秘訣】第14回 内々定期間 信頼関係深める時間 1日アルバイトなどが有効/本多 夏帆

2016.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

不安解消に力尽くせ

 4月も半ばを過ぎ、採用活動が激化してきた。新年度となり採用に新入社員教育と、人事は大忙しの季節であるが、この辺りで今後の新卒採用の流れを確認しておきたい。

 3月から始まった新卒シーズンは、主に今月まで合同説明会や各企業でのイベントが多種多様に開かれ、合わせて就活生が動いている状況だ。書類や筆記・適性試験などは順次行われており、ゴールデンウイーク明けからは面接が集中的に設定されるようになるだろう。6月の内々定解禁に向け、さらに動きが激しくなるとみられる。

 とはいっても、この大きな動きはたいてい大手企業によるものだ。中小企業は各々活動しているように思う。学生からは、既に3月の時点で内々定を得たという声も出ているし、一方で企業は、説明会や選考を6月頃から開始するところも多いのではないだろうか。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年4月18日第3061号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ