【成功する!新卒採用の秘訣】第19回 再アクション 大学へ求人票提出を この時期こそ目に留まる/本多 夏帆

2016.05.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人生相談乗るのも手

 5月が終わると、いよいよ大々的に内々定が解禁となる。ここで学生は良くも悪くも1つの結果を得て、今後の道を再考するだろう。このタイミングで選択肢の中に入るためには、学生の目に留まらなければならない。そのためのアクションを何か起こしているだろうか。

 まず、大学や専門学校への求人票の提出である。春先に大学へ一気に来ていたものは何万通ともなり、キャリアセンターも目を通せないほどであった。しかし、この時期ともなればさすがに数は減ってくる。

 そして、これまでに内定を得られなかった学生が浮き彫りになるため、彼らのために企業を積極的に探すようになる。したがって、マッチングの効果も一層上がってくるといえよう。求人票には業務内容をしっかりと具体的に書き、学校職員が学生に紹介しやすいようにPR構成をしてほしい。…

筆者:Office Breath 代表・行政書士 本多 夏帆

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年5月30日第3066号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ