【人事の小窓 ちょっと道草】鍵は”グローバル視点”/若島 司

2013.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 09年頃、にわかに産業界で『グローバル人事』が叫ばれ始めました。

 数多くのセミナーが開催され、様ざまな情報発信や意見交換がなされました。セミナーでは現地社員の労務管理の問題や人材確保の困難さなどが、また日本人駐在員の異文化マネジメントの大変さ、さらには海外志向の低下による海外駐在員の確保の難しさ等々、様ざまな問題が挙げられました。

 ところが、「『グローバル人事』って何をすれば良いの?」。これが参加者の大半の声でした。…

筆者:コニカミノルタ㈱ 人事部長 若島 司

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年8月26日第2934号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ