【人事の小窓 ちょっと道草】与えられた戦力で勝つために/松島 雅也

2014.08.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ドイツの優勝で幕を閉じたサッカーのワールドカップブラジル大会。日本は勝ち点わずか1を獲得するにとどまり、2大会連続の決勝トーナメント進出はなりませんでした。しかし、1993年のJリーグ発足からわずか20年余りの間に、今回を含めて5大会連続の出場を果たしたこと、サッカーを国民的スポーツにまで押し上げたことは、評価に値する出来事であり、関係者の努力の賜物だといえます。

 さて、組織マネジメントにおいて、しばしば話題にのぼるのが野球型組織とサッカー型組織の違いです。…

筆者:医療法人社団恵正会 法人事務局 事務長 松島 雅也

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年8月11日第2980号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ