【人事の小窓 ちょっと道草】介護は働き続けながら/中川 荘一郎

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護に対するニーズが高まっています。

 髙島屋では、2年ごとにアクションプランを掲げてワーク・ライフ・バランスの取組みを推進していますが、その取組み項目の1つに「『能力発揮の阻害要因』を取り除くための取組みの推進」を掲げています。これは、育児・介護・健康等、仕事で責任を果たしたくても果たせないような状況において、働くことを支援していこうというもの。…

筆者:㈱髙島屋 人事部人事政策担当次長 中川 荘一郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月21日第2905号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ