【人事の小窓 ちょっと道草】熟考したい”女性の活躍”/葛西 順子

2014.11.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 最近、「女性活用」という言葉をよく見聞きします。だからというわけではありませんが、私どもワコールでも今期、ダイバーシティ・キャリア支援室という部門を立ち上げました。

 私どもでは、”ダイバーシティ”の目的を性別や年齢、障がい、国籍などに関わらず、多様な人材の価値観と能力を認め合いながら「組織目標を達成する」こと、と捉えています。競争優位を生み出し、企業価値を創造する活動に貢献することが活動のゴールとして描いているイメージです。…

筆者:㈱ワコールダイバーシティ・キャリア支援室 執行役員 葛西 順子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月3日第2991号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ