造船業の墜落災害防止に本腰 全国7ブロックで開催予定 厚労省

2011.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

統責者へリスクアセス研修を実施

 厚生労働省は、造船業の墜落・転落災害を防止するための安全確保事業を平成23年度から新たに開始する。近年、造船業の休業災害における墜落・転落災害の占める割合が増加傾向にあることなどから対応を図る。高所作業をはじめとする危険作業について、安全衛生統括責任者などを対象としたリスクアセスメント研修を全国7ブロックで実施するとともに、作業別の災害防止対策事例集を作成する予定。事業は民間団体に委託し、研修の効果を踏まえながら災害防止対策を進めていく考えだ。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年2月15日第2132号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。