『健康に働くためのヒント からだを動かす骨』の連載記事

2020.07.10 【安全スタッフ】
【健康に働くためのヒント からだを動かす骨】第4回 骨に任せてラクに椅子から立ち上がる

「手首」「あばら」を使う  1日に何十回と行う椅子から立ち上がる動作。無意識のうちに前かがみになり、両膝に手をのせて「よっこらしょ」と立ち上がっていませんか?(写真)  この立ち方は太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)にかなり負担をかけます。膝痛・腰痛をお持ちの方にはつらい動作です。  今回は「骨」に任せた立ち上がり方として、「手首立ち上がり」……[続きを読む]

2020.06.10 【安全スタッフ】
【健康に働くためのヒント からだを動かす骨】第3回 疲れにくい!「ダブルT」の立ち方

最小限の力で立つ  「立つ」という姿勢は、日常動作のなかに多くあります。立ち仕事をしている方のなかには長時間、立ち姿勢を保持することによる、ひざ痛、腰痛などに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?  そこで今回は、骨身に任せた「ダブルT」の立ち方を紹介します。骨身に任せて立つと、無駄な筋力に頼らず、最小限の力で立つことができ、疲れにくく……[続きを読む]

2020.05.12 【安全スタッフ】
【健康に働くためのヒント からだを動かす骨】第2回 骨でからだを効果的に動かす

骨を押さえて「こり」をほぐす (1)まずは「基本の手」を覚える  今回も前回に引き続き、骨を意識して体を動かす方法をご紹介していきます。 ◎『基本の手』  こりや痛みを改善するために必要なことは、からだの中心である体幹部から調整することです。そのために「骨ストレッチ」では末端部である指先や手首を制御してバランスを整えるために「基本の手」を……[続きを読む]

2020.04.10 【安全スタッフ】
【健康に働くためのヒント からだを動かす骨】第1回 知っていますか?「骨ストレッチ」

「頑張る」ではなく「ゆるめる」  皆さんは、「骨ストレッチ」という言葉をご存知でしょうか。「骨ストレッチ」とは、「骨」を意識して動かす運動方法の一つです。  働く皆さんは「健康のために!」と急に慣れない筋力トレーニングやウォーキングを始めた経験はあるでしょうか。「かえって痛みを抱えた」「動きにくくなってしまった…」「なかなか運動する時間が……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ