【健康に働くためのヒント からだを動かす骨】第3回 疲れにくい!「ダブルT」の立ち方

2020.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

最小限の力で立つ

 「立つ」という姿勢は、日常動作のなかに多くあります。立ち仕事をしている方のなかには長時間、立ち姿勢を保持することによる、ひざ痛、腰痛などに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

 そこで今回は、骨身に任せた「ダブルT」の立ち方を紹介します。骨身に任せて立つと、無駄な筋力に頼らず、最小限の力で立つことができ、疲れにくくなります。

 立ち方は、すべての動作の基本となります。心地よい立ち方が基本になり、楽な歩き方、効率的なからだの動かし方ができるようになります。

T字の交点にからだの重心を置く

 まず、ダブルTの立ち方を説明します。歯磨きの時、通勤時間の電車の中、横断歩道の信号待ちなど日常生活の「立つ」場面でダブルTの立ち方をして、骨を使っていきましょう。

(1)ダブル「T」で立つ(写真)…

執筆:スポーツケア整体研究所 骨ストレッチ認定指導員 小沼 博子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年6月15日第2356号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ