【健康に働くためのヒント からだを動かす骨】第4回 骨に任せてラクに椅子から立ち上がる

2020.07.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「手首」「あばら」を使う

 1日に何十回と行う椅子から立ち上がる動作。無意識のうちに前かがみになり、両膝に手をのせて「よっこらしょ」と立ち上がっていませんか?(写真

普通の立ち上がり方は、太もも前側の筋肉に負担

 この立ち方は太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)にかなり負担をかけます。膝痛・腰痛をお持ちの方にはつらい動作です。

 今回は「骨」に任せた立ち上がり方として、「手首立ち上がり」「あばら立ち上がり」を紹介します。…

執筆:スポーツケア整体研究所 骨ストレッチ認定指導員 小沼 博子

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年7月15日第2358号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ