『リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済』の連載記事

2019.05.23 【労働新聞】
【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第19回 完全補償ルール提案 パラダイムの転換促す(終)/土田 道夫 NEW

 大内伸哉=川口大司編『解雇規制を問い直す 金銭解決の制度設計』(有斐閣・2018)は、現在行われている政策的議論(「検討会報告書」「技術的検討会」)とは異なり、全く新たな観点から解雇の金銭解決制度を提案し、解雇規制のパラダイム転換を唱えている。  本書は、まず、解雇を「許されうる解雇」と「許されない解雇」(差別的解雇、法律禁止解雇等)に……[続きを読む]

2019.05.16 【労働新聞】
【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第18回 人材移動を促進へ 変化する意識に対応(4)/土田 道夫

 今回は、解雇の金銭救済制度の導入の当否について再度考えてみたい。 懸念や批判も十分理解  解雇の金銭救済制度の導入に消極的な立場は、①制度設計として使用者申立てを認める場合、使用者による不当解雇を誘発する、②仮に申立権者を労働者に限定しても、なお「不当解雇をしても金銭で解決できる」とのモラルハザードが発生するため、不当解雇を誘発する、③……[続きを読む]

2019.05.09 【労働新聞】
【リレー方式紙上討 論解雇無効時の金銭救済】第17回 解雇不当性を考慮 労働契約解消金の算定で(3)/土田 道夫

 前回紹介した主要な論点のうち、③労働契約解消金の位置付けについて、技術的検討会は、まず、労働契約解消金の定義として、「無効な解雇として確認された労働者としての地位を、労働者の選択により解消することの対価」と定義。私も、労働契約解消金については、労働契約を解消することの代償(本来であれば労働契約を継続できたのに、不当解雇[濫用解雇]によっ……[続きを読む]

2019.04.25 【労働新聞】
【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第16回 裁判外行使を除外 バックペイとの関連も(2)/土田 道夫

 今回と次回では、現在、解雇の金銭救済制度の具体的制度設計に関して行われている技術的検討会の議論状況を概観しつつ、コメントを加えたい。 「差別的解雇」の扱いは  検討対象とするのは、第5回技術的検討会(2019年2月8日)に資料1として配布された「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関するこれまでの検討会における主な議論の整理」で……[続きを読む]

2019.04.18 【労働新聞】
【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第15回 大きい制度化の意義 使用者に対し制裁機能も(1)/土田 道夫

 解雇の金銭救済制度については、2017年5月31日、「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会報告書」(以下「検討会報告書」)が公表され、現在、厚生労働省において「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」(以下「技術的検討会」)が組織されて法技術的論点を中心に議論されている。  今回、労働新聞編集部か……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ