【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第22回 導入ありきは遺憾 紛争が長期化する恐れ(上)/徳住 堅治

2019.06.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 解雇無効時の金銭解決制度について、必要性に関する議論の結論をみず、“導入ありき”の立場から制度の法技術的検討が先行しており、極めて遺憾である。

解決率高い労働審判制

 「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会」(=「検討会」)において、労使ともにその導入に消極的態度を示し、難波孝一・東京地裁労働部元裁判官も「基準がうまくワークするのかは疑問」「労働事件の場合、事前に解決金の基準表に従って処理することは難しい」と述べた。検討会報告書には、次のような記載があったが等閑視されている。

 「現行の労働審判制度が有効に機能しており、こうした現行の労働紛争解決システムに悪影響を及ぼす可能性があることのほか、…

筆者:旬報法律事務所 弁護士 徳住 堅治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月17日第3213号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ