【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第10回 行政が“立替払”を 使用者の不払い時には(終)/倉重 公太朗

2019.03.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 最後に、解雇の金銭解決制度を検討するに当たり、最も重要な点を述べておきたい。それは、金銭支払いの履行確保の点である。

罰則分上乗せして求償

 そもそも、解雇の金銭解決制度を導入する趣旨は、不当な解雇・退職により泣き寝入りを余儀なくされたり、訴訟提起することを躊躇する労働者を保護することにより、ミスマッチ状態を解消し、もって雇用流動化社会に寄与するものだ。そうであれば、解雇時の金銭支払いが履行されなければ労働者保護は絵に描いた餅となり、その趣旨が達成できない。そのため、履行確保のための方策が最重要問題となる。…

筆者:倉重・近衞・森田法律事務所 弁護士 倉重 公太朗

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月18日第3201号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ