【リレー方式紙上討論 解雇無効時の金銭救済】第16回 裁判外行使を除外 バックペイとの関連も(2)/土田 道夫

2019.04.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今回と次回では、現在、解雇の金銭救済制度の具体的制度設計に関して行われている技術的検討会の議論状況を概観しつつ、コメントを加えたい。

「差別的解雇」の扱いは

 検討対象とするのは、第5回技術的検討会(2019年2月8日)に資料1として配布された「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関するこれまでの検討会における主な議論の整理」である。主要な論点としては、①金銭救済制度の対象となる解雇、②金銭救済請求権の発生要件、③労働契約解消金の位置付け(定義・内容・効果等)、④労働契約解消金の算定方法が掲げられている。

 技術的検討会は、①金銭救済制度の対象となる解雇については、…

筆者:同志社大学法学部教授 土田 道夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月6日第3207号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ