【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】31 安全ミーティングを活性化したい

2020.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私は主に元請工事での施工をする傍らで、大手の会社から専門工事業者として仕事を請負ったりする建設会社に勤務しております。今回お尋ねしますのは、朝礼の後に行う安全ミーティングをより活性化するにはどのようにすれば良いのかについてです。元請けの立場でも専門工事業としての立場からしても、現状の安全ミーティングがややもしますと単に伝達で終わっている感じがしてなりません。どうしたら作業員がより参加する形になるのでしょうか?

トップダウンだけの手法は捨てましょう

 本題に入る前に少し寄り道をしてお話をしたいと思います。今から2000年ほど前、旧ローマ帝国には3つの仕組みが存在しました。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年9月15日第2362号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ