【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】33 持病がある人も業務災害?

2020.10.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 猛暑のなかで、今年は数人の作業員が熱中症で休業しました。自分の持病があり、毎年のように暑くなると熱中症に似た症状が出て、作業途中で具合が悪くなる作業員がいますが、この場合、熱中症として、業務災害の扱いをしなければならないのでしょうか?少し休むと症状が軽くなるため、今までは業務災害の扱いをしていませんでしたが、心配でならず、正しく処理をするために教えて頂きたいと存じます。

医師の判断を仰ぐことが不可欠です

 ご質問だけでは、細かいところが不明ですが、一般論として申し上げますと、労働基準法では、使用者の指揮下で業務に従事し、その業務に存在する危険有害要因が有力な原因となったケガや疾病が労働災害として取り扱われます。熱中症は…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年10月15日第2364号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ