【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】6 業務災害と通勤災害の適用は?

2019.08.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 専門工事業者として元請の工事を施工していますが、作業員がA社での仕事をするために当社に来る途中、駅の階段でケガをしました。元請に報告すると「これは元請けの通勤災害になる」と言われ、そのようにしました。しかし、現場での作業が始まっていない時点での労災であるため元請けに申し訳ない気がします。一体、どの時点でどの社の労災になり、また、どこで業務災害と通勤災害は線引きされるのでしょうか?

業務災害と通勤災害について

 同様の質問は多いものです。現場内での労働災害は元請労災適用と基本的には理解されていますが、現場外での災害は異なります。その解説の前にまず、「業務災害とは何か」についてお話いたします。業務災害となるには…

執筆:中込労務安全事務所 中込平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ