【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】17 類似災害が止まりません

2020.01.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 専門工事業者として元請けの一次の仕事を請け負っています。ここ数年、重篤災害は幸いにして発生しておりませんが、毎年休業災害は発生しており、元請会社から安全の強化を再三にわたり指導されています。当社も手をこまねいているわけではなく、その都度、再発防止対策を立て、職長などにも周知をし、臨時の安全大会を開いたりして、災害の発生を何とか防止したいのですが、類似災害が止まりません。どのようにして再発防止を図ることが良いのかを教えてください。

事故事象の連鎖を考えた対策を

 災害が発生したとなると、災害の起きる直近の動作なり、状態に目が向いてしまいがちです。例えば墜落災害であれば、しっかりと固定されていない手すりに寄りかかり、そのため足場手すりとともに墜落したとすると、対策の主眼は「しっかりと手すりを固定する」となりがちです。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ