【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】 60 指示外作業にどう向き合う?

2021.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設元請会社の安全部の者ですが、お恥ずかしいことに打ち合わせ以外の作業(指示外作業)によって労働災害が発生しています。その都度、作業所に対しては、巡視の強化を指示するとともに、該当事業者に対し注意をし、再発防止策を提出させているのですが、発生した労働災害の背景には当社の連絡・調整の際の漏れがあります。良かれと思ってしたこのような指示外作業に対し、どのように対処すべきかを教えてください。

絶対禁止を契約書に盛り込む

 短いご質問の中で私なりに読み取れるのは、御社の打ち合わせ時の漏れのせいで指示外作業が起きているとのことから、厳しい対処を取ることにためらいがあるように感じます。さらに嫌な深読みをしますと、御社が打ち合わせ時に決定したことに対して、その場で専門工事業者サイドから異論を唱えにくい雰囲気があるのかもしれません。確かに御社の立場から見ると作業間の連絡・調整に漏れがあって、それが善意行為から出た指示外作業だとすると、さらに専門工事業者への指導方法に悩まされてしまうかもしれません。

 しかし、統括管理で考えるべきは、…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年12月1日第2391号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。