【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】5 じん肺の労災最終事業場の証明を求められた

2019.07.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 当社は総合建設業を営んでおりますが、じん肺にり患したとして、元下請作業員から当社の現場がじん肺にかかわる作業で最後の事業場だから、労災適用のために最終事業場としての証明をしてほしいと求められました。どのように対応したら良いのでしょうか? もし、証明をしたらどんな結果を当社に招いてしまうのか心配です。

証明と責任は別物です。調査して間違いがなければ証明を

 じん肺症は相当の粉じん作業にかかわる期間があって発症します。これを晩発性と呼びます。従って退職してから発症される人が大半なのが現状です。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年8月1日第2335号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ