【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】67 従業員を定着させるためには

2022.03.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社は建設元請業者であり、専門工事業者でもあります。悩みは従業員の勤務年数が短く、長く勤めてもらえないことです。給与面のほか、できるだけ福利厚生にも取り組んでいるつもりですが、どういう理由か長続きしないのです。会社に残りたいと思ってもらうには、教育などのほかに、どんなことがあるのでしょうか? ぜひともお知恵をお借りしたいです。よろしくお願いいたします。

人を気にかける会社にしましょう

 労働新聞社刊、拙書「建設安全屋の春夏秋冬」にグッドモーニングの意味について書きましたので一部引用しながら、ご質問にお答えします。

 「朝、目が覚める。人生何十年生きてきても、今日は昨日とは違い、また新しい日なのです。『あ~今朝、また新しい日を迎えることができた。今日をどうやって生きていこう。今日はどんな日になるんだろう。今日一日、素晴らしい日にしていこう』その気持ちが…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年3月15日第2398号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。