【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】61 安全活動の風化を防ぐには?

2021.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 元請業者の安全部に籍をおいています。当社は10年ほど前に一度に数人の死亡災害を発生させてしまい、その際に従来の安全活動を根底から見直しました。元請け、専門工事業者としてのリスクアセスメント実施、職員教育や職長向上教育、事業者教育などの教育の回数と内容を充実し、作業者の一人KYを導入した成果として、数年にわたって死亡・重篤災害は発生をしておりません。ただ、定時パトロール時の指摘事項は増加し、職員、職長の教育時に当社の年間重点安全計画を回答できる割合も下降しています。なんとなく災害防止に取り組んでいるような危惧を強く感じます。このような安全活動の風化を防ぐにはどのようなことをすれば良いのか、ご指導をお願いします。

災害事例研究に重点をおいて

 災害を機に安全の見直しをさまざま実行し、その結果として死亡・重篤災害は現在まで発生はしていないけれど、パトロールでは不具合事項が増加していて、教育時に受講者に聞いても満足な回答が得られない――確かに災害発生時に関係者が感じていた安全活動の重要性が風化しているように見えます。なぜ、私たちは決まり事をそれほど大切なこととして認識をしなくなるのでしょう。おそらく作業所では、…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年12月15日第2392号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。