【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】10 労働災害で職長はなぜ送検・起訴されるのか?

2019.10.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 私は、職長として現場で部下を使って仕事をしています。先日、社長が安全講習に行き、会社に戻った私に「労働災害を起こしたらお前も罪に問われる」と言いました。なぜ、私が罪に問われるのかを訊いたのですが、とにかく現場で起きたら職長の責任だとしか社長は答えてくれません。社長ではなくただの職長の私がなぜ? 責任があるのは承知していますが、それがどこからきているのかを教えてください。また、どのような罪に問われるのかも教えて頂ければ有り難いと思います。

事業者の実行代理人だからです

 事業者責任という言葉は聞いたことがあると思います。労働者を雇用し、賃金を支払い、労働させる法人・個人の責任です。労働安全衛生法は…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年10月15日第2340号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ