【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】8 計画届が間に合わないのですが

2019.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 地場を中心に建築工事を主として営んでいます。今回、お聞きしたいのは工事開始の際に提出を求められる計画届について、定められた期限前に提出することができず、先日は労働基準監督署より是正勧告を受けました。大型工事はほとんど手掛けていませんので、足場、型枠支保工が提出すべきものとなります。契約とほぼ同時に着工となるケースばかりで、30日前の決まりがあるのは承知していながら、基礎工事も30日かかることはめったになく、また労基署から同じ指導を受けるのかと思うと気が重くなります。到底間に合わない計画届の場合、他の建設会社はどう対応しているのでしょうか。

労働基準監督署は敵ではありません

 おっしゃる通り、工事が小規模だと掘削、基礎などの工程は30日もかからないことはよくあるケースで、貴社だけが遅れているわけではありません。法律(労働安全衛生法第88条2項)で30日前の提出を定められていても現実は履行されにくいと思われます。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年9月15日第2338号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ