【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】14 安全朝礼をしていますが…

2019.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 どこの作業所でも安全朝礼をされていると思います。私の会社でも全ての作業所で行ってはいるのですが、なんとなく安全ばかりの話から始めていますと、作業員が真剣に耳を傾けてくれているのだろうかと不安です。仕事始めがだらけているような気がしてなりません。かといって、何を話して良いのか分からず、安全週間には安全週間の話、夏は熱中症の話、衛生週間には労働衛生の話の繰り返しです。朝礼を実のあるようにするためにどのような工夫をしたらよいのでしょうか?

前日の出来事をテーマとしましょう

 毎日、安全から入る朝礼は作業員の人からすると「また安全か」と感じさせてしまいます。そのようにして朝礼をしたところで、「もう分かっているよ。さっさと仕事にかからせて」そんな気持ちになったとしても不思議ではありません。…

執筆:中込労務安全事務所 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年12月15日第2344号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ