【一歩進んだトラブル予防法】第22回 問題社員への対処方法 最大限の改善努力を 最終的には毅然と行動/野口 大

2015.06.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

解雇法制の理解から

 問題社員とは

 ミスが多くて能力が低い、注意してもいうことを聞かない・上司に反抗する、そんな問題社員を解雇したいというご相談はよくあります。

 そのような問題社員を放置すれば、他の従業員のモチベーションも下がりますので、解雇したいという会社のご主張はよく理解できます。

 ただ、トラブルを避けるためには、わが国の解雇法制を理解した対応をとっておく必要があります。

 解雇について

 解雇が有効かどうかは、簡単にいってしまえば、解雇権の濫用といえるかどうかで決まります。…

筆者:野口&パートナーズ法律事務所 弁護士 野口 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月15日第3021号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ