【一歩進んだトラブル予防法】第10回 「定額残業代」について 最低限金額明示を 全従業員の同意がカギ/野口 大

2015.03.16 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

請求が増えているサービス残業代

 最近、退職した従業員等が、サービス残業があったといって、残業代の支払いを求めてくるケースが激増しています。このサービス残業には2種類あります。

 1つは本当に会社が悪質なケースです。残業代なんて払っていたら経営が成り立たないという理由で、意図的に残業代を払わずに残業させているケースです。これは会社が悪いです。残業代を払わされても仕方ありません。

 もう1つは会社が気の毒なケースです。会社は満額の残業代を払っているつもりですが、制度や規定に不備があり、法律を杓子定規に当てはめると、結果的にサービス残業になってしまうというケースです。

 例えば、会社としては、従業員が遅くまで残業している実態を考慮して毎月相当な金額の「特別手当」を支給していたという場合が考えられます。会社としては、特別手当は残業代の趣旨で支払っているわけです。しかし、その特別手当が残業代に相当するということは、賃金規定にも契約書にも何も書いていなかったとすれば、法律的にはその特別手当は残業代ではないということとなります(この点は後述します)。従業員からサービス残業代の請求があれば、法律的には「一銭も残業代を払っていない悪質な会社」ということとなり、多額の残業代の支払いを余儀なくされるのです。…

筆者:野口&パートナーズ法律事務所 弁護士 野口 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年3月16日第3009号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ