【一歩進んだトラブル予防法】第16回 職場におけるメンタルヘルス対策 カギは”戦略的時短” 副産物も生じ企業も強く/野口 大

2015.05.04 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

トラブルは増加傾向

 独立行政法人労働政策研究・研修機構が平成23年に発表した「職場におけるメンタルヘルスケア対策に関する調査」によれば、6割弱の事業所でメンタルヘルスに問題を抱えている社員がおり、その人数は増加傾向とのことです。

 精神障害の労災補償状況をみても、その請求件数は毎年増加傾向にありますし、コンサル業務・弁護士業務に従事する私の実感としても、うつ病等メンタルヘルス関連のコンサル案件・紛争案件は近年明らかに増加しています。

 今年12月からはストレスチェック制度(労働者の心理的な負担の程度を把握するための、医師、保健師等による検査を事業者に義務付ける制度)の実施も始まり(従業員50人未満の事業場は当分の間努力義務)、関連する報道も増加すると思われますので、「自分もうつ病でないか」と気付く社員が増え、メンタルヘルス関連のトラブルがさらに増加すると危惧されます。…

筆者:野口&パートナーズ法律事務所 弁護士 野口 大

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月4日第3015号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ