【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】日本型成果主義提唱に参加/梅本 迪夫

2017.08.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

”日本型”を満喫中です
イラスト 有賀 敏彦

 2001年春、日本生産性本部のY氏が、人事賃金評価制度のわが国最高権威・楠田丘先生の命を受けて訪れた。日本型成果主義研究委員会の立上げへの誘いである。わが望むところであり、即座に承知した。

 欧米流の職務を中心とする成果主義は、今では問題点があらわになり、見向きもされないが、当時はグローバリズムの名の下、大企業の多くが時流に乗った制度として導入していた。研究委員会はその問題点を指摘し、わが国古来の風土文化に根差した人事賃金評価制度の再構築を、労使でめざすものであった。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月14日第3124号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ