【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】残業するが協定拒否の労組/梅本 迪夫

2017.11.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ただいま深夜の交渉中……
イラスト 吉川 泰生

 過重残業撲滅が喧しい。36協定(以下、協定)を結ばない青天井の残業、特別条項を結ぶが上限はあってなきがごとき残業、固定残業制を導入するも定額超残業の不払い、基本給を最賃法ぎりぎりに低く設定する固定残業制等々、残業割増不払いの悪例が目に余る。政府が躍起になって潰しにかかるが、悪質な使用者は後を絶たない。

 今号で取り上げたのは、残業割増(休日労働も含む。以下同じ)は適法に払っているが、労働組合(以下、労組)が協定を頑として締結しなかった事例である。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月13日第3136号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ