【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】本邦初の女子シフトクルー/梅本 迪夫

2017.04.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

実は彼女も実現の功労者!?
イラスト 有賀敏彦

 石油化学プラントの運転は、工業高校の化学科・機械科出身者が中心の“男の職域”である。

 20年以上も前の話である。千葉工場の人事課長に赴任した当初、求人先である工業高校化学科の科長から要望があった。「化学会社への就職を希望する女子生徒が多い。危険物取扱者乙種の1類から6類まで全部あるいは複数取得した成績優秀な生徒である。元々化学が好きなので、その知識・技能を生かせる職場を切望しているが、企業から声がかからない。不本意ながら…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月24日第3110号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ