【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】シフトクルーに愛をこめて/梅本 迪夫

2017.05.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

コンビニ弁当では恋も芽生えず
イラスト 有賀敏彦

 元号が平成に変わった年の6月末から丸4年間、千葉工場人事課長を務めた。

 石油化学工場では、プラントの安全安定運転が至上命題である。運転に従事するシフトクルー(交替勤務者)の双肩にかかっている。工場人事課長の責務は、彼らが心身ともに健康で労働意欲にあふれ、安全安定運転に精励できるように支援することにある。

 シフトクルーは、早朝~午後、午後~深夜、深夜~早朝に及ぶ勤務を繰り返す。年末年始も働き、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第3111号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ