【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】50人と酌交わして新評価へ/梅本 迪夫

2017.06.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

次はどっちの部屋だっけか?
イラスト 有賀 敏彦

 企業合併は、異なる歴史文化のある企業を観念的に一体化する。円滑にいく部分もあれば、理解の得られにくい部分もある。前回までの賃金制度統合に続き、組合員の評価制度を策定したときの話である。

 筆者が在籍していた三井石化は、労務方針として少数精鋭、高能率高賃金、そして労使協調を掲げていた。自らの知恵と汗で生産性を高め、それに見合う高労働条件をめざすもので…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月26日第3118号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ