【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】転勤前まで続いた労使対決/梅本 迪夫

2017.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

管理職になるの? ならないの?
イラスト 有賀 敏彦

 2003年4月、H社からS社への転進が公表された。H社の新旧社長、後任の人事担当とともに、三井化学の社長、会長、T相談役に挨拶に伺った。その時、相談役から新社長に対し、筆者が道筋を付けた高水準の労働条件の是正について、着実に履行するよう強く指示された。筆者に対するねぎらいの言葉もあり、必死の苦労が報われた思いだった。

 新任地に転進するに当たって、労使関係の健全化の第一歩とすべき労働協約の締結の完遂を引き継いだ。…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月21日第3125号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ