【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】1月4日休日扱いで大目玉/梅本 迪夫

2017.04.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

欧州旅行が一転、PC教室に
イラスト 有賀敏彦

 現下、働き方改革で年休消化率の改善が叫ばれている。30年前にも、新前川レポートが提起した年間総労働時間1800時間の実現を巡り、労働時間の短縮が論議された。背景にあったのは、経済摩擦解消のための内需拡大と経済構造の転換促進であった。

 当時、労政課長であった筆者も、長期的観点から労使で時短に取り組むこととし、1987年3月には時短生産性専門委員会を設置、検討を重ねた。2年後の2月に労使に答申し、6月の労働協約更改交渉で段階的な実施を合意。土日完全休日制を実現し、1日の所定労働時間も短縮した。総労働時間については…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月3日第3107号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ