【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】サラ金救済と「うそ発見器」/梅本 迪夫

2017.05.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

見慣れた“友好ぶり”の裏でも!?
イラスト 有賀敏彦

 社員の私的行為は、本来、就業規則の適用外である。しかし、企業文化、組織風土の形成上、看過できない事例も少なくない。

 30年前のことである。筆者が本社人事部労政課長だった時代、また工場勤務から戻った人事部長代理時代に遭遇した、事例2題を披露したい。

サラ金地獄からの救済

 現在は貸金業法が改正され、消費者金融(サラ金)による多重債務問題は鎮静化されたが、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月22日第3113号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ