【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】誠意ありと感謝の希望退職/梅本 迪夫

2017.09.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

途中下車も悪くない?
イラスト 有賀 敏彦

 S社赴任に当たっては、三井化学の社長から不織布事業のマザー工場に適った運営を強く要請された。

 課題は明白であった。製造コストの削減である。早速、総額人件費50%の削減目標を立て、人員削減の方途を検討した。社員の納得性と客観性を高める観点から、人事コンサルタント会社を起用すると、60%近くの余剰人員が算定された。

 当初は下請業者の業務代替、退職不補充、出向・派遣による省力化で対処しようとしたが、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年9月4日第3127号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ