【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】組合員を下回る管理職年収/梅本 迪夫

2017.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

これがホントの"名ばかり…"
イラスト 有賀 敏彦

 1999年6月末、2部上場のH社の取締役(労務・総務・経理担当)に転出した。

 同社は1914年に創立され、第1次世界大戦により敵国ドイツからの輸入が途絶えたアニリン(染料の原料)を国内で最初に工業化した企業で、社歴は100年超を誇る。赴任当時も今も三井化学(MCI)とMBKの対等出資(計54%弱)による合弁会社で、石炭酸を基盤としたファインケミカル事業を展開、その技術力は世界から高く評価されている。

 転出に際し、ドンといわれたT相談役(旧三井石化〈MPC〉の元社長・会長)に挨拶に伺ったところ、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月17日第3121号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ