【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】“賃金”拠り所に独立開業へ/梅本 迪夫

2017.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

人生80年、まだまだこれから!!
イラスト 有賀敏彦

 平成17年4月下旬、関連会社の専務取締役であった筆者に、三井化学から呼び出しがあった。6月末の役員人事の内示である。社長から「後進に道を譲るように。今後、委嘱する任務はない。参事に任命し、報酬は支給するが、出社には及ばない。個人事務所の設立は容認する」と伝えられた。

 これに先立つ1カ月ほど前、本社某支店の某課長から「退任の話を耳にしたが、次はどこか」との問合せも来ていた。

 着任して1期2年。寝耳に水であった。が、よく考えれば…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年2月20日第3101号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ