【人事労務50年の裏表―わが山河は美しかったか―】急造行動態度評価の適応力/梅本 迪夫

2017.06.02 【労働新聞】

“演繹的に”悩み抜いて……
イラスト 有賀敏彦

25年余前、工場から本社に戻り、全社人事管理の責務を担うことになった。その翌年、年が明けて間もなくのこと、人事評価の実施準備の真最中に社長から呼び出された。「当社の能力評価は遅れている。抽象的概念的に過ぎる。事実に基づいた具体的な評価基準に変えるべし」と指示を受け、…

筆者:梅本人事総合コンサルティング 代表 梅本 迪夫

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年5月29日第3114号7面

あわせて読みたい

ページトップ